【Ipsos iSay】アンケートに答えてAmazonギフト券と交換できるサイト

2021年9月12日Webサービス

Ipsos iSayのアイコン

この記事では、アンケートに答えてポイントが貯まるポイントサイト「アンケートサイト i-Say」について書きます。

今まで利用してきたアンケートサイトの中で、最も還元率が高かったです。

Ipsos iSayのスクリーンショット
参考:アンケートサイト i-Say

定期的に送られてくるアンケートに答えてポイントを獲得し、Amazonギフト券などと交換できるサービスです。アンケートに答える謝礼として、ギフト券を獲得できます。

交換できるギフト券は、RealPay(PayPay、Googleプレイ)、PeXポイント、Amazonギフト券、選べるe-GIFT等です。

1ポイント=1円で、最低300ポイント(Amazonギフト券)から交換できます。

アンケート内容は、「普段どのような生活をしているのか?」、「最近食べた食べ物は何か?」、「この企業・ブランドを知っているか?」等です。10分で終わるものもあれば、30分ほどかかるアンケートもあります。

公式サイトによると、1975年にフランスで設立されたイプソスと呼ばれる会社によって運営されています。年間7,000万件以上のインタビューと、100か国以上の顧客にサービスを提供しているそうです。

無料でポイントを貯めてギフト券と交換できるので、時間が有り余っている人や、コツコツ貯めるのが苦じゃない人におすすめです。

実際に本サービスを数か月使ってみたので、感想、登録方法について書きます。

本サービスの読み方は、「アイセイ」です。

2022年2月2日追記

2022年1月28日に公式サイトが新規リニューアルされました。サービス名が「i-Say(アイセイ)」から「Ipsos iSay(イプソス アイセイ)」に変更されました。

アンケートに答えて謝礼をもらうというサービス自体の変更はありません。公式サイトが綺麗なデザインになって見やすくなっています。

本記事の画像も、新しいサイト用に差し替えました。

提供元:イプソス(Twitterはこちら

登録方法

以下のリンクからアクセスできます。

「今すぐ登録」をクリックします。

皆さんの声で世界と未来を変えてみましょう 今すぐ登録をクリック

もしかしたら、サイトのデザインが若干異なるかもです。

メールアドレス、パスワード、名前、性別、生年月日等の個人情報を入力します。

Ipsos iSayに登録する 個人情報を入力する

ここで登録した情報によって、送られてくるアンケートが異なってきます。素直に答えるのがいいかなと思います。例えば、男性にすれば、髭剃りについてのアンケートが届きやすくなる…みたいな感じです。(一例です)

入力できたら、「登録」をクリックします。メールアドレスに認証メールが届きます。Gmailの場合は、そのまま飛べるボタンが表示されたので「Gmailへ」をクリックします。

メールアドレスを認証してください

送られてきたメールを開いて、「今すぐ確認」をクリックします。

ようこそ! Ipsos iSayの会員になるため、Eメールアドレスを確認してください。

「Eメールアドレスを確認しました」と表示されればOKです。

Eメールアドレスを確認しました。 登録を完了する

いくつかのプロフィール情報を入力します。右下の「始める」をクリックします。

プロフィールを完成させる 始める

プロフィール情報を入力します。

プロフィールを完成させる 個人情報を入力

僕が確認できたのは、以下の8つです。

  • 郵便番号
  • 都道府県
  • 市町村
  • 最終学歴
  • 世帯全体の年収
  • 同居している家族の人数
  • 家で飼っているペット
  • 本サービスに登録した理由

本サービスに登録した理由は、「ポイントを獲得してギフト券と交換するため。」みたいな感じでOKです。入力できたら「回答を提出」をクリックします。

メンバーの皆様は多様な理由でアンケートにご参加いただいております。あなたがご登録いただいた理由をお聞かせください。

登録が完了します。

ご参加いただきありがとうございます!

メイン画面が表示されます。ここからアンケートに答えたり、謝礼(ギフト券)と交換できます。

Ipsos iSayのメイン画面

「アンケート」をクリックすると、参加可能なアンケートが表示されます。登録したばかりだと何も届いていないかもしれません。気長に待ちましょう。

あなたのアンケート

回答可能なアンケートが届くと、自動的にメールが送られてきます。URLをクリックすることで、すぐにアンケートに答えれます。

【Ipsos i-Say】新しいアンケートご協力のお願い

メールが鬱陶しい場合は、送られてくるメール下部の「このアンケートのリマインダーを受け取ることを希望しない場合は、以下のリンクをクリックしてください。」の下にあるURLをクリックします。

退会やメールの配信停止のリンク

交換できるギフト券の種類

交換できる電子ギフトカード

交換できるギフト券の種類は、2022年2月2日時点で、以下のラインナップになっています。

ギフト券交換可能金額(1ポイント=1円)
Amazonギフト券
–300ポイント
–500ポイント
–1,000円
300円
500円
1,000円
選べるe-GIFT
–Google Play
–BookLive!プリペイドカード
–ANA SKY コイン
–楽天Edy・EdyギフトID
–App Store & iTunes コード
–Vプリカ
–すかいらーくご優待券
–Web Money
–nanacoギフト
–レコチョク(プリペイド)
500円
1,000円
PeXポイントギフト
–3,000ポイント
–5,000ポイント
–10,000ポイント
300円
500円
1,000円
QUOカードPay500円
RealPayギフト
–PayPay
–GooglePlayギフト
–QUOカードPay
500円
日本赤十字社への募金150円
図書カードネットギフト
–500ポイント
–1,000ポイント
500円
1,000円

「選べるe-GIFT」の中身が豊富です。

ただし、Amazonギフト券と違って交換最低ラインが500ポイントなので、貯めるのが大変かもしれません。交換レートは1ポイント=1円なので、500ポイントだと500円相当のギフト券に交換できます。

1か月使ってみた感想

還元率が結構よかったです。

僕はこの手のサイトあんまり得意じゃないです。単純にめんどくさいからです。そんな僕でも1か月使ってみて、Amazonギフト券300円と交換できました。「いや、300円だけかい!」と思うか、「300円も貰えたんだ」と思うかは、人それぞれだと思います。

僕は何ヵ月も継続して、ようやく数百円貰える程度だと思ってただけに、びっくりです。

Microsoftが運営している「Microsoft Rewards」ってサービスも同時にやってみたのですが、数か月でようやく250円でした。

その経験を体験していたからこそ、1ヵ月で300円のギフト券に交換できたことが嬉しかったです。

ただし、アンケートに答えないといけないから、時間に余裕がない方でないと厳しいかなぁという印象です。アンケートは、数分で終わるものもあれば、15分程度かかるものもあります。

利用してみて感じたメリット・デメリットを書いておきます。

良かった点悪かった点
1ヵ月で300円のAmazonギフト券と交換できたアンケートに時間をとられる
「このブランド知ってますか」みたいなことを聞かれるので、ちょっとだけ、自分の知識になる。ちょこちょこ日本語訳が変

無料で300円分のAmazonギフト券と交換できたのが一番のメリットかなと思います。逆に、アンケートに時間をとられるのが最大のデメリットです。日本語が変な点は、あんまり気にならなかったです。

1か月で届いたアンケート数

1か月で届いたアンケート一覧

1か月で届いたアンケートは14個でした。他にもあったのかもしれませんが、僕が答えたのが14個です。そのうち、アンケートの条件に合わなかったものが7個でした。

条件に合わないというのは、最初の数問で「こいつはこのアンケートに向かない」と見なされ、それ以降の質問に答えれなくなることです。回答権がなくなるお詫びにちょっとだけポイントが付与されます。

色んなジャンルのアンケートがある分、自分に合わないアンケートもちらほらって感じです。逆に、最後まで答えれたアンケートは、結構ポイントがもらえました。

1つのアンケートで一番多く獲得できたのが68ポイントです。300ポイントで300円のギフト券と交換できるので68円貰えたってことですね。最後まで答えれるってことは、それだけ時間もかかります。68ポイントもなれば、15分くらいかかった気がします。

アンケートなのでポチポチクリックするだけですが、それでも自分がやりたくない作業を15分やるのはしんどいかもしれません。

ポイントの交換方法

数か月利用して、3回交換できたので方法を書いときます。

【1回目】Amazonギフト券

ログインして、画面右上の「謝礼リスト」をクリックします。

謝礼リスト
2022年2月2日追記

以下、1月28日以前の時の画像になります。

サイトのデザインが変更されただけで、大きな違いはありません。

今回は、Amazonギフト券300円分と交換してみます。

交換するギフトカードの選択

数量が1になっていることを確認して、「交換する」をクリックします。

Amazonギフト券の交換

パスワードを入力して「続ける」をクリックします。(ログインしていても求められます)

セキュリティーチェック

誕生日を入力して、「配送手続きに進む」をクリックします。

ご本人確認 誕生日の入力

返品条件を確認して、OKなら「同意する」にチェックを入れて、「注文を確定する」をクリックします。

注意事項の確認

最後の確認画面が表示されるので、問題ない場合は、「はい、間違いありません」をクリックします。

送り先に間違いはありませんか?

申請が完了します。

本サービスに登録しているメードアドレスに、ギフト券のコードが書かれたメールが届きます。

チェックアウト order has been placed

僕の場合、申請して5分後に届きました。場合によっては、少し時間がかかるかもしれません。気長に待ちましょう。

Amazonギフト券のコードが書かれているので、コピーします。(1111-1111-ABCD-ABCDみたいな感じです)

謝礼をお選びいただきありがとうございます。

Amazonにアクセスして、ログインできたら、画面右上のアカウント名→アカウントサービスをクリックします。

Amazon アカウントサービス

「Amazonギフト券」をクリックします。

アカウントサービス

「Amazonギフト券を登録する」をクリックします。

Amazonギフト券の登録

先ほどコピーしたコードを貼り付けて、「アカウントに登録する」をクリックします。(ハイフン込みです)

ギフト券を登録する ギフト券番号を入力してください

申請した300円分が登録されました。

300円がお客様のギフト券アカウントに追加されました。

【2回目】Google Play

交換日:2021年8月17日

2回目の交換は、Google Playに交換したいと思います。RealPayギフト券500円分経由で交換します。

前回の交換から約1ヵ月で、届いたアンケートは17件でした。

2回目のアンケート履歴一覧

RealPayギフト券とは、Amazonや、Google Playギフト券などと交換できるサービスです。

RealPayを受け取った人は、その中から好きなギフト券を選べるので、「私、Amazon利用してないからAmazonギフト券貰っても嬉しくない…」といった失敗を回避できます。

交換方法も簡単でした。

Ipsos iSayからRealPayギフト券に交換すると、数分後にURLがメールに届くので、交換したいギフト券を選択するだけです。

RealPay ギフト券の交換

次の交換も1ヵ月ちょいとかになるのかなぁと思っています。

【3回目】Amazonギフト券(1,000円分)

交換日:2021年10月23日

前回の交換から、約2ヵ月がたちました。

ちょーど1000ポイントになったので、Amazonギフト券1,000円分に交換してみました。

アンケート履歴を貼っておきます。

3回目のアンケート履歴一覧

3回目の交換ともなると、かなりスムーズに交換できました。

Amazonギフト券の追加

めでたしめでたし。

キリもいいので、今回で退会しようかなと思います。

退会方法

珍しく簡単に退会できました。この手のサービス、「退会ボタン全然分からん!」みたいなパターン多いですよね。

本サービスにログインして、マイプロフィール→アカウントを削除するをクリックします。

マイプロフィール アカウントを削除する

「削除」ボタンをクリックします。

Ipsos iSayを退会しますか?

退会できます。

ポイント

ブラウザで自動入力を保存した場合は、退会した後もログインフォームに登録した情報が入力されます。

退会はしたけど自動入力パスワードを保存していたら勝手に入力される

既に退会はしているので、このまま放置しても問題ないのですが、どーせなら一緒に削除した方がいいかなぁと思います。

ブラウザによって、自動入力パスワードの削除方法は異なります。

Vivaldiの場合は、設定→プライバシー→保存済みパスワードを表示する→検索窓に「ip」と入力→イプソスのサイトを見つけて、右クリック→パスワードを削除で消せます。

Vivaldi パスワードの削除

参考:【Vivaldi】サイトの自動入力パスワードを削除する方法と3つのコツ | ナポリタン寿司のPC日記

感想

以上、アンケートに答えるだけでポイントが貯まるアンケートサイト「Ipsos iSay」についてでした。

「時間が有り余って仕方ない!」って方、隙間時間に挑戦してみてはどーでしょうか。

Posted by ナポリタン寿司