【Bing】サイドバーの「結果を見る」項目を非表示にする方法

2022年10月31日Bing

Microsoft Bingのアイコン

この記事では、「Microsoft Bing」の検索結果の右側に表示される「結果を見る」を非表示にするCSSについて書きます。

ウェブサイトに自分で作成したCSSを適用できるChrome拡張機能「Stylebot」を使います。

【Bing】サイドバーの「結果を見る」項目を非表示にする方法

本記事で紹介するCSSを使えば、「Microsoft Bing」の検索結果の右側サイドバーに表示される「結果を見る」項目を非表示にできます。

下記画像の部分です。「Apple」や「Microsoft」と検索すると出てくると思います。

「Microsoft Bing」の右側サイドバーの「結果を見る」項目画像

何に対しての「結果」なのかは、いまいち分からないんですが、検索した単語に関連する派生単語が表示されています。「Apple」なら「iPhone」、「Microsoft」なら「Microsoft Japan」といった感じです。

その単語の下に、ちょっとした説明が書かれています。クリックで検索結果を表示してくれます。

僕は使わないので不要です。右側サイドバーは、極力スッキリさせたい派です。同じような方、参考にしてみてください。いつでもオンオフできます。

Stylebotは、Chrome拡張機能だけでなく、Firefox、Microsoft Edgeアドオンも用意されています。

インストール方法

ウェブサイトに、自分で作成したCSSを適用できるChrome拡張機能「Stylebot」を利用します。

Chromeウェブストアからインストールできます。

Firefox・Edgeをご利用の場合

Chrome拡張機能だけでなく、Microsoft EdgeFirefox版もあります。

「Chromeに追加」をクリックしてインストールします。

Stylebot - Chrome ウェブストア

右上に拡張機能ボタンが追加されればOKです。詳しく使い方を知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

サイドバーの「結果を見る」項目を非表示にするCSS

Microsoft Bing」にアクセスします。右上の拡張機能アイコン→「Stylebotを開く」をクリックします。

Stylebotのスクリーンショット

右側に白紙のサイドバーが表示されます。こちらにコードを書き込んでいきます。書き込むコードは、以下になっています。

/*【Bing】サイドバーの「結果を見る」削除*/
.disambig-outline {
  display: none;
}

右上の「×」でスタイルシートを閉じます。

再度拡張機能ボタンを押して、登録したサイト(例:www.bing.com)がオンになっていることを確認します。オンになっている間は有効になっているということです。

Microsoft」など、「結果を見る」項目が表示される単語で、Bing検索します。CSSを有効にしている間は、消してくれます。

「Microsoft Bing」の「結果を見る」項目を非表示にする前と後の比較画像

また、稀にですが、右サイドバーではなく、左サイドバーに表示されることもあります。この場合も消してくれると思います。

左側に表示されている「結果を見る」画像

同じく左に表示される「Webサイトを開く」というウィジェットは消しません。こちらも消したい場合は、以下の記事を参考にしてみてください。

「結果を見る」以外の、サイドバー情報は、これまで通り表示します。「関連キーワード」や「Wikipediaなどの抜粋情報」などですね。

「Microsoft Bing」の「関連キーワード」画像

これらも削除したい場合は、以下の2記事を参考にしてみてください。これで、サイドバーが綺麗になります。

一時的に無効化したい場合は、Stylebot→「www.bing.com」をオフにします。完全に使わなくなった場合は、書き込んだコードを削除します。

感想

以上、「Microsoft Bing」の右側サイドバーに表示される「結果を見る」項目を非表示にするCSSでした。

何に対しての結果なんだろう…。調べた単語に対する結果なんでしょうけど、Apple→iPhoneを「結果」で表示するのは、うーんって感じでした。「関連」とかなら分かるんですけどね。

Posted by ナポリタン寿司