【Stylebot】Google Keepの付箋の横幅を調整するCSS

Stylebot&Stylus

Stylebotのアイコン

この記事では、Google Keepにある付箋をクリックした時の横幅を、好きなサイズに調整するCSSについて書きます。

ウェブサイトに自分で作成したCSSを適用できるChrome拡張機能「Stylebot」を使います。

Google Keepの付箋をクリックした時の横幅を広げた画像

本記事で紹介するCSSを使えば、ブラウザ上のGoogle Keepにある付箋をクリックした時の横幅を、好きなサイズに調整できます。

ここでいう横幅とは、一覧ページの付箋ではなく、各付箋をクリックした時の横幅サイズのことです。クリックした付箋が中央に表示されて、それ以外の部分が暗くなるあのページの付箋の横幅です。

「広げることはできませんか?」と質問をいただいたので、試してみました。デフォルトでは、600pxになっていたので、こちらの数値を変更することで、好きなサイズにできます。モニターが大きい方は、800pxとか900pxとかがちょーどいいかなと思います。

「Google Keep使っているけれど、少し横幅広げたい~」という方、ぜひ参考にしてみてください。実際にCSSをオンオフしてみた動画を貼っておきます。

Stylebotは、Chrome拡張機能だけでなく、Firefox、Microsoft Edgeアドオンも用意されています。

インストール方法

ウェブサイトに、自分で作成したCSSを適用できるChrome拡張機能「Stylebot」を利用します。

Chromeウェブストアからインストールできます。

Firefox・Edgeをご利用の場合

Chrome拡張機能だけでなく、Microsoft EdgeFirefox版もあります。

「Chromeに追加」でインストールできます。

Stylebot - Chrome ウェブストア

右上に拡張機能ボタンが追加されればOKです。詳しく使い方を知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

CSS

Google Keepにアクセスします。右上の拡張機能アイコン→「Stylebotを開く」をクリックします。

右側に白紙のサイドバーが表示されます。こちらにコードを書き込んでいきます。書き込むコードは、以下になっています。

/*Google Keep横幅*/
.IZ65Hb-n0tgWb.IZ65Hb-QQhtn.oT9UPb {
  width: 800px !important;
}

「width」の「800px」という部分を、好きなサイズに調整します。デフォルトでは600pxになっていたので、800pxは、デフォルトより200px広げるという意味です。もっと広げたい場合は、数値を大きくします。

下記画像のようになればOKです。右上の「×」でスタイルシートを閉じます。

Stylebot Google Keepの横幅を広げるCSSを書き込んだ画面

再度拡張機能ボタンを押して、登録したサイト(例:keep.google.com)がオンになっていることを確認します。オンになっている間は有効になっているということです。

Stylebot 「keep.google.com」がオンになっていることを確認

CSSを書き込むと、瞬時に横幅が広がります。通常の付箋一覧画面の付箋には影響されません。クリックした時の付箋の横幅です。広げることで、長文の付箋でも見やすくなります。

本記事のCSS適用前と適用後の比較GIF画像

ライトテーマを使っている場合でも利用できます。

ライトテーマ時でも横幅が広がる

無効にしたい場合は、「keep.google.com」をオフにします。完全に使わなくなった場合は、書き込んだコードを削除します。

感想

以上、Google Keepの付箋をクリックした時の横幅を広げるCSSについてでした。

Google Keep全く使ってなかったんですが、シンプルなデザインで、簡単なメモ程度なら便利そうですね。まぁ、Vivaldiのメモと、Simplenoteで満足しちゃってるんですが。

Posted by ナポリタン寿司