【プライムビデオ】ウォッチパーティを非表示にするCSS

Stylebot&Stylus

Amazonプライムビデオのアイコン

この記事では、「Amazonプライムビデオ」の各動画ページにある「ウォッチパーティ」ボタンを非表示にするCSSについて書きます。

ウェブサイトに自分で作成したCSSを適用できるChrome拡張機能「Stylebot」を使います。

プライムビデオのウォッチパーティを削除するイメージ画像

本記事で紹介するCSSを使えば、「Amazonプライムビデオ」のウォッチパーティボタンを削除できます。映画のウォッチパーティボタン、ドラマやアニメなどの各話エピソードにあるウォッチパーティの文字、両方消せます。どちらかだけ消すことも可能です。

プライムビデオでは、動画の詳細ページにアクセスすると、「今すぐ観る(続きを観る)」の隣に、クラッカーのアイコンがあります。ウォッチパーティと呼ばれる機能で、他の人と同時視聴しつつ、チャットを送りあえる機能です。

プライムビデオのウォッチパーティ画像

使っていない人からしたら、邪魔でしかありません。僕のその一人です。

「ウォッチパーティ、マジで使わないから、消したい!間違って押しちゃう!」という方、ぜひ参考にしてみてください。CSSといっても、本記事で紹介するコードをコピペするだけです。

Stylebotは、Chrome拡張機能だけでなく、Firefox、Microsoft Edgeアドオンも用意されています。

インストール方法

ウェブサイトに、自分で作成したCSSを適用できるChrome拡張機能「Stylebot」を利用します。

Chromeウェブストアからインストールできます。

Firefox・Edgeをご利用の場合

Chrome拡張機能だけでなく、Microsoft EdgeFirefox版もあります。

「Chromeに追加」でインストールできます。

Stylebot - Chrome ウェブストア

右上に拡張機能ボタンが追加されればOKです。詳しく使い方を知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

CSS

Amazonプライムビデオ」にアクセスします。トップページでも、詳細ページでもどちらでもOKです。右上の拡張機能アイコン→「Stylebotを開く」をクリックします。

Stylebotのスクリーンショット1

右側に白紙のサイドバーが表示されます。こちらにコードを書き込んでいきます。書き込むコードは、以下になっています。

/*プライムビデオのウォッチパーティを削除するCSS*/
form[class*="watchparty"] {
  display: none !important;
}

下記画像のようになればOKです。右上の「×」でスタイルシートを閉じます。

Stylebotのスクリーンショット2

再度拡張機能ボタンを押して、登録したサイト(例:www.amazon.co.jp)がオンになっていることを確認します。オンになっている間は有効になっているということです。

ウォッチパーティが非表示になります。クラッカーのアイコンと、各話(アニメやドラマ)の下にあるテキスト、両方が消えます。

プライムビデオのウォッチパーティボタン・およびテキストを削除した画像
どちらかだけ消したい方へ

「クラッカーのアイコンは残しておいて、各話の下にあるテキストだけ削除したい!」といったように、片方だけ残したい場合、別々に分けたCSSを使ってみてください。

クラッカーのボタンを削除したい方は、「プライムビデオのウォッチパーティボタンだけ削除」、各話下のテキストを削除したい方は、「プライムビデオの各話のウォッチパーティテキストだけ削除」です。

/*プライムビデオのウォッチパーティボタンだけ削除*/
button[aria-label="ウォッチパーティ"] {
  display: none !important;
}

/*プライムビデオの各話のウォッチパーティテキストだけ削除*/
.js-episode-offers._1vaxaA._2IIDsE._2_ujMf {
  display: none;
}

一時的に無効化したい場合は、Stylebot→「www.amazon.co.jp」をオフにします。完全に使わなくなった場合は、書き込んだコードを削除します。

感想

以上、プライムビデオの「ウォッチパーティ」を削除する方法でした。

プライムビデオ関連の記事は、ほかにもいくつか書いているので、気になった方は、参考にしてみてください。

Posted by ナポリタン寿司