当サイトは、アフィリエイト・アドセンス広告を掲載しています。消費者庁が、2023年10月1日から施行予定である景品表示法の規制対象(通称:ステマ規制)にならないよう、配慮して記事を作成しています(記事はこちら、消す方法はこちら

参考:令和5年10月1日からステルスマーケティングは景品表示法違反となります。 | 消費者庁

【Stylebot】Google検索結果から、余計な項目を全排除するCSS

Google

Googleのアイコン

この記事では、PCウェブサイト版「Google」の検索結果から、余計な項目を非表示にするCSSについて書きます。

ウェブサイトに自分で作成したCSSを適用できるChrome拡張機能「Stylebot(スタイルボット)」や「Stylus(スタイラス)」を利用します。

【Stylebot】Google検索結果から、余計な項目を全排除するCSS

本記事で紹介するCSSを使えば、PCウェブサイト版「Google」の検索結果に表示される「強調スニペット」、「関連する質問(旧:他の人はこちらも質問)」、「トップニュース」、「レシピ」、「マップ」、「動画」、「関連性の高い検索(旧:他のキーワード)」、「場所を選択(この場所について)」、「フッターにある現在地」を、まとめて削除できます。

純粋な記事結果だけを求めている方におすすめです。いつでもオンオフできます。

これまで、それぞれを個別に非表示する記事は、公開していました。個別に消す方法を知りたい方は、下記記事を確認してみてください。

読者の方から、「個別にチェックするのが少し手間だった」というご意見をいただいたので、まとめた版を書きたいと思います。本記事では、1つのコードで紹介しているので、そのままコピペすれば、上記記事全てを適用した状態になります。いちいち1記事ずつ見る必要はありません。

「Googleの検索結果、マジいやだ!でもGoogleさん大好きだから、離れられない!」という方、参考にしてみてください。いつでもオンオフできます。

インストール方法

ウェブサイトに、自分で作成したCSSを適用できるChrome拡張機能「Stylebot(スタイルボット)」を利用します。

Chromeウェブストアからインストールできます。Chrome拡張機能だけでなく、「Microsoft Edge」と「Firefox」版もあります。

「Chromeに追加」をクリックします。

「Stylebot」拡張機能をインストールする手順画像1

「拡張機能を追加」をクリックします。

「Stylebot」拡張機能をインストールする手順画像2

拡張機能のオーバーフローメニューに追加されたらOKです。

「Stylebot」拡張機能をインストールする手順画像3

頻繁に開く場合は、拡張機能のオーバーフローメニューを開いて、「Stylebot」の隣にあるピン留めアイコンをクリックします。ツールバーに直接配置されます。

「Stylebot」拡張機能を直接ツールバーに配置する手順画像

詳しい使い方を知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

「Google」の不要な検索結果項目を、非表示にするCSS

Google」の検索結果ページにアクセスします。検索する単語は、なんでもOKです。開けたら、右上の拡張機能アイコン→「Stylebotを開く」をクリックします。

「Stylebot」拡張機能のスクリーンショット1

右側に白紙のサイドバーが表示されます。もし初めて「Stylebot」を起動した場合は、「ベーシック」という画面が表示されます。下部にある「コード」をクリックすると、白紙のスタイルシート画面を開けます。以下のコードを書き込みます。

/*「強調スニペット」非表示*/
block-component:has(.g-blk),div#Odp5De {
  display: none !important;
}

/*「関連する質問(旧:他の人はこちらも質問)」非表示*/
.cUnQKe {
  display: none !important;
}

/*「トップニュース」非表示*/
g-section-with-header.yG4QQe.TBC9ub:has(path[d^="M12 11h6v2h-6v-2zm-6 6h12v-2H6v2zm0"]) {
  display: none !important;
}

/*「レシピ」非表示*/
.MmzWWe {
  display: none !important;
}

/*「地図(マップ)」非表示*/
div[jsmodel="QPRQHf"] {
  display: none !important;
}

/*「動画」非表示*/
.uVMCKf:has(svg>path[d^="M10 16.5l6-4.5-6-4"]) {
    display: none !important;
}

/*「関連性の高い検索(旧:他のキーワード)」非表示*/
.oIk2Cb {
    display: none !important;
}

/*「フッター(現在地)」非表示*/
div#fbar {
  display: none !important;
}

/*「広告」記事非表示*/
div[aria-label="広告"] {
  display: none !important;
}

/*上部の「場所を選択(この場所について)」非表示*/
.O4T6Pe {
  display: none !important;
}
注意点

上記CSSは、僕が適当に調べて書いたものです。

「Google」側のアップデートにより、使えなくなる可能性があります。もし、コードを書き込んだのに反映されないという場合は、お手数ですが、問い合わせより、ここのコードが反映されなかったよー!と報告していただければ、幸いです。修正します。

今まで通り、表示させたい項目がある場合は、その行を書かないようにしましょう。例えば、トップニュースは、これまで通り表示したい場合、「トップニュース非表示」の数行コードを書かないようにします。

下記画像のようになればOKです。右上の「×」でスタイルシートを閉じます。

「Stylebot」拡張機能のスクリーンショット2
※画像内のコードは古い可能性があります。最新のコードは、上記のテキストボックス内にあるコードです。

再度拡張機能ボタンを押して、登録したサイト(例:www.google.com)がオンになっていることを確認します。オンになっている間は有効になっているということです。

「Stylebot」拡張機能のスクリーンショット3

不要な項目が、一括で抹消されます。導入前と導入後の比較動画を貼っておきます。

純粋に、記事タイトル+説明欄だけになり、スッキリします。

Google検索結果から余計な項目が消して、純粋な記事結果のみにした画像

一時的に無効化したい場合は、「Google」の検索結果ページにアクセス→「Stylebot」拡張機能アイコンを左クリック→「www.google.com」をオフにします。完全に使わなくなった場合は、書き込んだコードを削除します。

【合わせて読みたい】Google検索を快適にする方法

本記事の方法を含めた合計8つの「Google検索を快適にする方法」記事を書きました。気になった方は、参考にしてみてください。

感想

以上、PCウェブサイト版「Google」の検索結果ページに表示される、不要な項目をまとめて非表示にする方法でした。

最近の検索結果って、余計な項目を載せすぎだと思います。検索した単語に対して、「他の方はこういった単語も検索してますよ~」っておかしくない!?それって本当に「検索」っていうの!?それじゃーいつまで経っても答えにたどり着けないよ!?と、一人嘆きました。

まぁ、そもそも文句言うならGoogleやめろって話だと思いますが…笑。Googleさん、好き。

Google